Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

訴訟手続では不要なマイナンバーを提供しない - 裁判所が注意喚起

訴訟手続きなどで裁判所に書類を提出する際、必要がないにもかかわらずマイナンバーを誤って提供することがないよう、裁判所が注意を呼びかけている。

マイナンバー制度において、訴訟手続きなどで裁判所にマイナンバーを提供することが認められているが、想定ケースは、マイナンバー自体を立証する必要がある場合など、限定的。

裁判所に住民票の写しや源泉徴収票、各種申告書などを提出する場合に、手続きなどに不要なマイナンバーが記載されていないか確認するよう呼びかけた。また提出書類にマイナンバーが記載されている場合は、マイナンバーの部分をマスキングするなど、配慮を求めている。

(Security NEXT - 2016/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
労務管理サービスの個人情報流出 - 調査結果を公表
利用する労務管理クラウドで関連ファイルが流出 - イオングループ会社
ワクチン接種会場の医療従事者情報が流出、外部サービス経由で - 茨城県
高額療養費支給申請書を紛失、ゴミと取り違えられた可能性 - 川崎市
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
児童相談所で児童の住民票が所在不明に - 福岡県
委託先従業員がマイナカード申請情報を私的利用、好意持ち連絡 - 郡山市
労務管理クラウドシステムでアクセス権の設定ミス - 個人情報が流出