Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

訴訟手続では不要なマイナンバーを提供しない - 裁判所が注意喚起

訴訟手続きなどで裁判所に書類を提出する際、必要がないにもかかわらずマイナンバーを誤って提供することがないよう、裁判所が注意を呼びかけている。

マイナンバー制度において、訴訟手続きなどで裁判所にマイナンバーを提供することが認められているが、想定ケースは、マイナンバー自体を立証する必要がある場合など、限定的。

裁判所に住民票の写しや源泉徴収票、各種申告書などを提出する場合に、手続きなどに不要なマイナンバーが記載されていないか確認するよう呼びかけた。また提出書類にマイナンバーが記載されている場合は、マイナンバーの部分をマスキングするなど、配慮を求めている。

(Security NEXT - 2016/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
マイナンバーカード紛失、誤廃棄か - 摂津市
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市
新コロ便乗、助成金や検査口実とする個人情報詐取に注意