Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士電機と日本IBM、「自治体情報セキュリティクラウド」の構築で協業

富士電機と日本IBMは、自治体情報セキュリティクラウドの構築サービスで協業した。2016年度で200億円の受注を目指すとしている。

両社はそれぞれのノウハウや技術を活かし、マイナンバー制度において2017年7月より地方自治体の情報連携がはじまることから需要が見込まれる「自治体情報セキュリティクラウド」の受注獲得を目指す。

富士電機では、行政事務の業務効率を維持するしくみを構築。一方日本IBMは、SOCによるセキュリティ監視や解析サービスを提供する。セキュリティ面としては、外部から送信されたメールの添付ファイルからセキュリティ脅威を取り除くメール無害化サービスなど用意するとしている。

(Security NEXT - 2016/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」を策定 - 経産省
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も