Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GSMA、「IoTセキュリティーガイドライン」を公開

モバイル通信事業者などが参加する業界団体のGSM Association(GSMA)は、「GSMA IoTセキュリティー・ガイドライン」を公開した。

同ガイドラインは、IoTのサービスプロバイダやIoT機器メーカー、開発者などを対象としたもので、IoTを活用したサービスを安全に提供するため、サービス開発や導入時に考慮すべき点を記載した。

潜在的な脅威に対処するための技術や手段、導入方法など、サイバーセキュリティにおける脅威への対策やデータプライバシーの課題についてまとめており、IoTサービスについてリスク評価を行う必要性について言及している。

今回のガイドラインについて、NTTドコモやKDDIのほか、AT&T、チャイナテレコム、エティサラート、オレンジ、テレフォニカ、テレノール、ベライゾンといった通信事業者のほか、ベンダーやインフラ事業者なども賛同を表明している。

(Security NEXT - 2016/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内で「Mirai」とは異なるボットネットの動きが加速
新「NOTICE」がスタート、脆弱性ある機器も注意喚起対象に
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
JSSEC、3月に「セキュリティフォーラム2024」開催 - 「生成AI」などテーマに
「メタバースセキュリティガイドライン」の第2版が公開
11月15日より「EdgeTech+ 2023」を開催 - セキュリティ関連の出展も
狭き門を突破した講演並ぶ「CODE BLUE」が開催中
セキュリティ診断に探索的テストを組みあわせた「IoT機器診断サービス」
処理水放出口実にサイバー攻撃か - 脆弱性攻撃を扇動する動きも