Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正送金マルウェアが14.1倍増 - ダウンローダーも倍増

2015年第4四半期は、ウイルスの検出数および届出数が減少した。一方、不正プログラムの検出数は倍増しており、なかでも不正送金マルウェアが高い増加率を示している。

20160127_ip_001.jpg
ウイルス届出件数の推移(グラフ:IPA)

情報処理推進機構(IPA)が2015年第4四半期に受け付けたマルウェアの届出状況を取りまとめたもの。同四半期のウイルス検出数は2080件で、前四半期の3770件を大きく下回った。前四半期は2069件だった「Mydoom」が483件へ縮小したことが大きく影響している。一方「Virut」は前期の4件から616件に急増し、最多だった。

同一の届出者のもとで、同種のウイルスが同日中に複数検出された場合に1件とカウントする「届出件数」は、2006年から減少傾向が続いている。同四半期は564件で、前四半期の685件を下回った。同四半期には、2件の感染被害報告が寄せられている。

(Security NEXT - 2016/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
IoTマルウェアの検体情報など研究者にデータを無償提供 - 横国大
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
2021年1Qにダークネットで1187億パケットを観測 - NICT
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
国内ではブラウザ上でのマルウェア検知が7割超 - ESET
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック