Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不要となった機密書類からあらたな紙をオフィス内で生産できる新技術

セイコーエプソンは、使用済みの紙を材料にあたらしい紙を生産できる小型オフィス製紙機「PaperLab」を開発した。2016年内の商品化を目指している。

20151202_se_001.jpg
小型オフィス製紙機「PaperLab」

同製品では、使用済みの紙を綿のような細長い繊維に加工。繊維化した材料に結合素材を用いて紙を作成する。使用済みの紙を入れてから約3分で1枚目の紙を生産。1分間に約14枚を作成できるという。

また「Dry Fiber Technology」により、生産にあたり水は不要。紙厚や色、香りなど必要な紙を作成できる。

同製品により、オフィス内で文書を完全に抹消し、あらたな紙を再生できるため、裁断作業や廃棄のために外部へ持ち出す必要なく、組織内部で紙資源のリサイクルを実現するという。

(Security NEXT - 2015/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CSIRTの倫理規範「EthicsfIRST」の日本語版を公開 - JPCERT/CC
海外関連会社でランサム被害、基幹システムは影響なし - 東京海上HD
台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
国内外サーバ36台を侵害か、外部データ送信の痕跡も - 川崎重工
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
研究員メールアカウントに不正アクセス、PW使い回しが原因か - 東北工大
日本空港給油でランサム感染被害 - 航空機給油業務に影響なし
「Aruba ClearPass Policy Manager」に13件の脆弱性 - アップデートが公開