Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不要となった機密書類からあらたな紙をオフィス内で生産できる新技術

セイコーエプソンは、使用済みの紙を材料にあたらしい紙を生産できる小型オフィス製紙機「PaperLab」を開発した。2016年内の商品化を目指している。

20151202_se_001.jpg
小型オフィス製紙機「PaperLab」

同製品では、使用済みの紙を綿のような細長い繊維に加工。繊維化した材料に結合素材を用いて紙を作成する。使用済みの紙を入れてから約3分で1枚目の紙を生産。1分間に約14枚を作成できるという。

また「Dry Fiber Technology」により、生産にあたり水は不要。紙厚や色、香りなど必要な紙を作成できる。

同製品により、オフィス内で文書を完全に抹消し、あらたな紙を再生できるため、裁断作業や廃棄のために外部へ持ち出す必要なく、組織内部で紙資源のリサイクルを実現するという。

(Security NEXT - 2015/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
新型コロナの入院患者情報をメールで誤送信、宛先入力ミスで
不正アクセス被害のランドブレイン、調査結果を公表 - ランサムウェアは「Cring」
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース