Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不要となった機密書類からあらたな紙をオフィス内で生産できる新技術

セイコーエプソンは、使用済みの紙を材料にあたらしい紙を生産できる小型オフィス製紙機「PaperLab」を開発した。2016年内の商品化を目指している。

20151202_se_001.jpg
小型オフィス製紙機「PaperLab」

同製品では、使用済みの紙を綿のような細長い繊維に加工。繊維化した材料に結合素材を用いて紙を作成する。使用済みの紙を入れてから約3分で1枚目の紙を生産。1分間に約14枚を作成できるという。

また「Dry Fiber Technology」により、生産にあたり水は不要。紙厚や色、香りなど必要な紙を作成できる。

同製品により、オフィス内で文書を完全に抹消し、あらたな紙を再生できるため、裁断作業や廃棄のために外部へ持ち出す必要なく、組織内部で紙資源のリサイクルを実現するという。

(Security NEXT - 2015/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - クロスプラス
SonicWall製のSMB向けリモートアクセス製品に脆弱性
NVIDIAのDPDKに脆弱性 - 複数のCisco製品にも影響
【お知らせ】ブラウザによる警告表示のお詫び
サーバへランサム攻撃、情報流出を確認 - リケン
「Elastic Cloud Enterprise」に情報流出の脆弱性
SOMPOホールディングスの海外グループ会社にサイバー攻撃 - サーバ7台が被害
組込機器向けLinux「DD-WRT」に深刻な脆弱性
競技団体宛メールを第三者に誤送信、入力ミスで - 東京都