Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソ、SSOソフトの新製品をリリース - 英語OSに対応

日立ソリューションズは、シングルサインオンを実現するソフト「Single Sign-On Manager」を発売した。

同ソフトは、複数のウェブシステムや業務システムにおいてシングルサインオンを実現する認証ソリューション。同社がこれまで提供してきた「SRGateCA」の後継製品にあたり、あらたに英語OSへ対応した。

クライアントPCへエージェントをインストールし、入力を代行させるしくみのため、ウェブシステムだけでなく独自のログイン画面を利用するシステムにも対応できる。

また「Active Directory」や「Open LDAP」など、ディレクトリサーバと連携するほか、スタンドアロンや仮想環境でも利用できる。

価格は、1ユーザーライセンス1万800円。100ユーザーライセンス導入の場合は、75万6000円。

(Security NEXT - 2015/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業
JIPDEC、JCAN証明書発行事業をGMOグローバルサインに譲渡
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム
チャットで応対する月額制セキュリティ相談サービス
あの人気セキュリティ書籍も半額 - Amazonで9月2日までセール中
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス