Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、サーバ向け製品に新版 - SAPユーザー向けオプションも

トレンドマイクロは、サーバ向けセキュリティ対策製品の新版「Trend Micro Deep Security 9.6」を10月1日より提供開始する。

同製品は、マルウェア対策やファイアウォール、不正侵入対策、ウェブレピュテーション、ファイルおよびレジストリの変更監視などを備えたサーバ向けセキュリティ対策製品。

オンプレミスや仮想環境、クラウドなどへ柔軟に対応することが可能。最新版では、ハイパーバイザーレベルで保護し、エージェントレスで利用できる「Deep Security Virtual Appliance」が「VMware vSphere 6.0」に対応した。

またエージェントに関しては、「Windows Server Core」「Debian 6」「同7」「SUSE Linux Enterprise Server(SLES)12」「Oracle CloudLinux 7」「Oracle Linux 7」をあらたにサポート。

さらに有償オプション「Trend Micro Deep Security for SAP Systems」を用意。エージェントをインストールすることにより、SAPのデータに対するマルウェアの検知や駆除が可能となる。

同社では、今後1年間に25億円の売上げを目指し、「Deep Security 9.6」を展開していく。

(Security NEXT - 2015/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10
テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
人材育成と研究で「サイバーセキュリティセンター」開設 - 日立グループ
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック
企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット