Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃ルートや対策効果を可視化するサービス - NEC

NECは、システムのセキュリティリスクや、対策後の効果を可視化する「サイバー攻撃ルート診断サービス」を提供開始した。

同サービスは、仮想モデル上でシステムのシミュレーションを実施して、リスクの全体像や優先して対応すべきリスク、対策による危険度の変化についてレポートを提供するもの。

同社が開発したサイバー攻撃リスク自動診断技術を活用しており、実際に攻撃可能なルートを検出。各ルートの危険度を可視化し、リスクの高いルートを示す。

さらに各ルートにおけるセキュリティ対策効果を計算。対策実施時におけるシステム全体のリスク値の変化なども把握することが可能。

同社では、今後3年間に240社へ提供することを目指し、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2021/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VPN接続してネットワーク内のIoT機器リスクを可視化するサービス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
脆弱IoT機器の発見管理技術を共同研究 - ゼロゼロワンと横国大
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応