Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス

サイバートラストは、大規模なシステムを運用する事業者向けに、システムの監視や脆弱性管理を行える仮想アプライアンスの新版「MIRACLE ZBX Virtual Appliance V5.0 Suite」を7月8日より提供開始する。

同製品は、「MIRACLE ZBX V5.0」や「MIRACLE Vul Hammer」などで構成されており、システムの死活やログの監視、リソース管理にくわえて、脆弱性の可視化などが行える監視ソリューション。

「MIRACLE ZBX」と「MIRACLE Vul Hammer」の連携によって、脆弱性のスキャンや情報の一元管理、脆弱性への対応、ログの出力などを行うことが可能。「統合ビューア」により、集約したイベント情報を可視化できる。

価格は、監視対象台数500台からの年間サブスクリプションで400万円から(税別)。

(Security NEXT - 2021/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション