Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ技術者を育成する学習プラットフォームを提供 - CDI

サイバーディフェンス研究所は、セキュリティ技術を学ぶオンライントレーニングサービス「INFINITY CHAMBER」を提供開始した。

同サービスは、SOCアナリストやインシデントハンドラー、フォレンジックアナリスト、ペネトレーションテスター、防衛分野や法執行機関の関係者などを対象としたセキュリティ技術を習得するためのオンライン学習プラットフォーム。

ブラウザから利用することが可能で、インターネット経由で独立した演習環境へアクセス。学習者ごとに用意された仮想マシンや演習用模擬環境を用いて、調査や分析の手法、模擬ホストに対する攻撃手法などを学ぶことができる。

手はじめにセキュリティエンジニアに求められる知識や技術を幅広く体系的に学習するコース「AXIS|サイバーセキュリティ総合」を提供。ウェブアプリケーションやネットワークのハッキング技術、インシデントハンドリング、マルウェアの調査、ファストフォレンジックなどを体験、学習することができる。

(Security NEXT - 2022/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

(ISC)²とNTT-ATが提携強化 - SSCPのトレーニングを日本語化
組織強化トレーニングを提供 - 日立ソリューションズ・クリエイト
法人向けにオンラインのセキュリティ教育サービス - カスペ
攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付を開始 - 新コースも
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
自動車への攻撃手法など学ぶトレーニングサービス - NDIAS
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立