Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバーの運用、認知進まず - 利用制限や本人確認義務なども低迷

マイナンバー制度の詳しい制度内容について認知が進んでいないことがわかった。個人番号の収集や利用にあたり制限があることや、本人確認義務があることを認識している情報システム担当者は4人に1人にとどまる。

日経BPコンサルティングが、従業員数300人以上の企業における情報システム担当者を対象に、6月24日から7月6日にかけてインターネット上でアンケートを実施し、マイナンバーの対応状況などを尋ねたもの。498件の回答を得た。

同調査によれば、マイナンバー制度への対応状況を見ると、「準備、実施している」が42%、「準備、実施していないが予定はある」が21.9%だった。

26.1%が「状況がまったくわからない」と回答。「準備、実施していないし予定もない(2%)」との回答も見られた。

またマイナンバーに関連する18項目を用意し、認知度を調べたところ、もっとも高かったのは、「個人に12桁の番号を割り当てる」で78.3%。10月より個人番号の通知がはじまることや、2016年1月より運用が開始されること、企業として個人番号を収集しなくてはならないことなど、基本的な事項については、他項目より理解が進んでいるが、それでも6〜7割という状況だった。

(Security NEXT - 2015/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
大手携帯キャリア、マイナンバーカード申請のサポートを展開
マイナンバー含む書類を異なる事業所へ誤送付 - 土健保
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市
マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市