Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年2Qのフィッシング攻撃は12万6797件

2015年第2四半期のフィッシング攻撃は前期から微増したものの、前年同期と比較すると14%減少したことがわかった。

RSA AFCCが、2015年第2四半期に検知したフィッシング攻撃についてまとめたもの。同四半期は12万6797件で、前期の12万5006件からわずかに上昇した。一方、2014年の同期は14万359件で、14%減となった。

フィッシング攻撃を受けた回数を国別に見ると、米国が60%を占めた。「中国(12%)」「英国(6%)」「カナダ(5%)」と続く。フィッシングサイトがホストされていた国では、米国が45%で最多。「香港(16%)」「中国(4%)」となった。

また、同四半期に日本でホストされたフィッシングサイトはのべ35件。前期の55件から4割減少した。4月が18件、5月が8件、6月が9件だった。2014年は40件を超える月もあったが、2015年前半は20件前後で推移している。

(Security NEXT - 2015/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
フィッシング報告が過去最多、6万件超 - 2年前の約7.7倍に
11月はEC関連フィッシングサイトが前月比1.5倍に
国の行政機関メルマガ、「DMARC」対応1割届かず - 設定不備が4割弱
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
HTTPS通信の脅威遮断、前年比3.1倍に - 約9割がマルウェア
9月はECサイト装うフィッシングサイトが2.7倍に
10月のフィッシング、報告減少するもURLは増加