Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、顔認証ソフトの新版を発売 - 認証失敗時の画像を記録可能に

NECは、パソコンへのログオンなどに利用できる顔認証ソフト「NeoFace Monitor」の新版となる「同V2」を8月20日より出荷開始する。

同ソフトは、独自の顔認証技術を採用。顔認証によるパソコンへのログオンはもちろん、ログオン中の利用者の常時監視に対応している。

今回リリースする新版では、ログオン時やロック解除時、常時監視中に認証に失敗した人物の顔画像を記録する機能を追加。認証へ失敗した場合、撮影画像を確認できる。ログオンに失敗した原因の特定や不正利用の抑止に利用できる。

また同社のセキュリティ対策ソフト「InfoCage PCセキュリティ」との連携も可能になった。価格は、クライアント用が1万6200円。認証サーバ用とActive Directoryサーバ用が各16万2000円。

(Security NEXT - 2015/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
NTTドコモ、顔認証のAPIサービスを開始 - 登録画像1枚でマスク着用でも認証
認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
顔認証による空港搭乗手続きで個人データ取扱ガイド - 国交省
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト