Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC

NECは、暗号化した顔情報を復号せずにそのまま認証できる「秘匿生体認証技術」を開発した。実用化を目指して検証を進める。

同技術は、「準同型暗号」を用いて顔情報を暗号化したまま認証できる技術。暗号化された顔情報が外部に流出した場合も悪用リスクを下げることができるとしている。

「準同型暗号」は、登録ユーザーの分だけ演算が必要となる認証処理には時間を要していたが、絞り込み処理によって複雑な演算をともなう認証回数を削減して効率化を図った。登録者が1万人の場合、1秒程度で顔認証を行うことができるという。

同社では今後、生体認証システム「Bio-IDiom」と組みあわせ、決済や施設の入退場管理などへの応用など、製品化を目指して検証を進める。

(Security NEXT - 2021/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
リスクマネジメント分野の新会社を設立 - NTT東ら
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
顔認証入退管理システムに新モデル - マルチテナント対応を強化
PC認証システムにマスク着用にも対応した顔認証機能 - CEC
BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業