Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応

ラックとセキュアは、パソコン内蔵カメラなどを用いて画面の「のぞき見」を防止するソリューション「顔認証のぞき見プロッカー」の新版を提供開始した。

同ソリューションは、カメラの撮影画像からパソコン利用者の背後より覗き見が行われていないか監視し、事前に登録された人物以外が映り込んだ場合に警告を発したり、画面をロックすることでのぞき見を防止するソフトウェア。セキュアが開発し、ラックが独占的に販売している。

離席などを検知してロックする機能なども備えており、異常を検知した場合は、一定間隔でカメラの撮影画像や画面キャプチャを記録し、あとから確認することができる。

新版では、マスクを着用した状態による本人認証に対応。管理者向けにクラウドベースの管理コンソールを提供し、動作状況の把握や異常時の撮影画像などを確認することができる。

オンライン会議ソフトがカメラを利用している場合、監視を行うには別途カメラを用意する必要がある。また検知対象は正面の顔に限られ、画面の視野角が広い場合などはプライバシフィルターの併用などが想定されている。

新板はサブスクリプション契約により提供し、1ユーザーあたり月額1250円(税別)。基本契約期間は1年間となる。

(Security NEXT - 2021/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ