Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化

NECソリューションイノベータは、「顔認証なりすまし防止ソリューション」の機能を強化した。ハンズフリーやマスクを着用した状態での顔認証が行えるようになった。

同ソリューションは、認証サーバに個人情報を保存せず、あらかじめ用意した顔の特徴量を示すスマートフォン内のQRコードと、カメラによる顔の撮影画像で顔認証が行えるソリューション。

今回の機能強化により、従来、カメラにかざす必要があったQRコードの代わりに「Bluetooth Low Energy(BLE)」経由でスマートフォンより顔の特徴量を取得することが可能となり、カメラ撮影のみのハンズフリーで認証することが可能となった。

また顔認証エンジンにNECの「NeoFace」を採用。マスクを着用したまま本人確認することができる。基本ライセンスの参考価格は200万円(税別)。別途ウェブサーバが必要となる。

(Security NEXT - 2021/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
顔認証入退管理システムに新モデル - マルチテナント対応を強化
PC認証システムにマスク着用にも対応した顔認証機能 - CEC
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業
JIPDEC、JCAN証明書発行事業をGMOグローバルサインに譲渡
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム