Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化

NECソリューションイノベータは、「顔認証なりすまし防止ソリューション」の機能を強化した。ハンズフリーやマスクを着用した状態での顔認証が行えるようになった。

同ソリューションは、認証サーバに個人情報を保存せず、あらかじめ用意した顔の特徴量を示すスマートフォン内のQRコードと、カメラによる顔の撮影画像で顔認証が行えるソリューション。

今回の機能強化により、従来、カメラにかざす必要があったQRコードの代わりに「Bluetooth Low Energy(BLE)」経由でスマートフォンより顔の特徴量を取得することが可能となり、カメラ撮影のみのハンズフリーで認証することが可能となった。

また顔認証エンジンにNECの「NeoFace」を採用。マスクを着用したまま本人確認することができる。基本ライセンスの参考価格は200万円(税別)。別途ウェブサーバが必要となる。

(Security NEXT - 2021/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
指紋認証対応、FeliCa対応ICカードを開発 - DNP
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス