Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、顔認証のAPIサービスを開始 - 登録画像1枚でマスク着用でも認証

NTTドコモは、法人向けにサービスやシステムに組み込むことが可能な「顔認証サービス」を提供開始した。

同サービスは、画像認識エンジンをAPIとして提供する同社クラウドサービス「ドコモ画像認識プラットフォーム」にRealNetworks製の顔認証ソフトウェア「SAFR」をあらたに搭載したもの。契約者のシステムやサービスより顔認証機能を利用することが可能となる。

顔画像の登録は正面からの1枚のみで済み、メガネやサングラス、マスクを着用したり、表情をつくっている場合、複数人いたり、明るさが不十分な環境においても認証できるという。

さらに写真や動画などを利用したなりすましの検知機能や、顔認証以外にも個人を特定せずに性別や年齢、表情を推定する機能などを提供。顔画像の登録や認証用のアプリケーションとして、標準クライアントアプリケーションにくわえて「ソフトウェア開発キット(SDK)」を用意している。

(Security NEXT - 2021/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「Cl0p」のLinux亜種が見つかる - 復号ツールが公開
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 岩手医科大病院
共通テスト追試申請書をFAX誤送信 - 静岡大
メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町
契約者情報の不正持ち出し、約2.9万件と判明 - JSB
メタバース活用におけるセキュリティを考えるオンラインイベント - JSSECら
「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
し尿収集業者が収集申込者の個人情報を紛失 - 広島市
2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か