Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

XSSなどを修正したセキュリティUD「WordPress 4.2.3」がリリース

開発者グループは、脆弱性などを修正したコンテンツマネジメントシステム(CMS)の最新版「WordPress 4.2.3」をリリースした。できるだけ早くアップデートするよう呼びかけている。

「同4.2.2」や以前のバージョンにおいてクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2015-5622」が存在することが判明し、修正したもの。投稿者や寄稿者といった権限を持つユーザーが同脆弱性を悪用した場合、サイトを侵害されるおそれがある。また、購読者権限から下書きが作成できる問題にも対処した。

「CVE-2015-5622」に関しては実証コードも公開されており、開発者チームは、すみやかに最新版へアップデートするよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
「WordPress」のOAuth認証プラグイン2件に認証回避の脆弱性
WP向け人気フォームプラグインの関連プラグインにCSRFの脆弱性
WP向けプラグイン「Modern Events Calendar Lite」に脆弱性 - 修正されるもWordPress.orgでの提供は中止に
WordPress向け連絡先管理プラグインに深刻な脆弱性
WP向けアクセス解析プラグインにXSSの脆弱性
WordPress向けのテーマやプラグイン「Jupiter」に深刻な脆弱性
WordPressのデザインを制御する人気プラグインに深刻な脆弱性