Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数のVMware製品に脆弱性 - ホストOSが改ざんされるおそれ

複数のVMware製品に、ホストOS上のファイル改ざんが可能となる脆弱性が見つかったとして、同社やセキュリティ機関が注意を呼びかけている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、影響を受けるのは、「VMware Workstation」「VMware Player」「VMware Fusion」「VMware ESXi」の一部バージョン。

脆弱性「CVE-2014-8370」が存在しており、仮想マシンの設定ファイルを変更できるユーザー権限があれば、脆弱性を悪用することでホストOS上にある任意のファイルを上書きできるという。

またVMwareでは、同脆弱性以外にも「OpenSSL」や「libxml2」を含む7件の脆弱性が存在しているとして、アップデートを用意。同社やセキュリティ機関ではアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Zimbra」の複数脆弱性が攻撃の標的に - 攻撃ツールの販売も
「Exim」で深刻な脆弱性をサイレント修正 - 認知進まず未修正のディストロも
QNAP製NAS狙うランサムウェアの被害が拡大傾向 - 利用者は注意を
「QEMU」にゲストよりホストをクラッシュできる脆弱性 - PoC公開済み
F5製「BIG-IP」脆弱性、悪用容易 - 侵害有無の確認を
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
「Cisco NFVIS」に深刻な脆弱性 - ゲストVMよりホスト乗っ取りのおそれ
「Log4Shell」緩和する「ホットパッチ」にホスト乗っ取りが可能となる脆弱性
NoSQL分散データベース「Apache Cassandra」に脆弱性 - 特定構成に注意