Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワイモバイル、MDMサービスを開始

ワイモバイルは、スマートフォンやタブレットを一元管理する法人向けMDMサービス「デバイスマネジメントサービス」を提供開始する。

同サービスは、スマートフォンやタブレットなどモバイル端末の管理ソリューション。

基本サービスとして、デバイスの遠隔設定や利用者情報登録、デバイスの設定情報収集、アプリケーション配布などのほか、マルウェア対策やアプリケーション制御、セキュリティポリシー設定、紛失対策などのセキュリティ機能も提供する。またオプションサービスとして、ウェブフィルタリング機能を用意。

月額利用料は、基本サービスが540円/ID。オプションサービスが月額216円。初期費用は無料。3月31日までに契約すると、基本サービスとオプションサービスが3カ月無料になるキャンペーンを実施している。

(Security NEXT - 2015/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
認証サーバ内に個人情報を保存しない顔認証ソリューションが機能強化
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
新幹線オフィスの実証実験、画面覗き見対策や会話の保護も
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム