Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応

ロジテックINAソリューションズは、インシデントが発生した企業などを対象にデジタルフォレンジックサービスを9月12日より提供開始する。

同サービスは、情報漏洩や不正アクセス、データ改ざん、内部不正などが発生した企業に対し、関連する機器やメディアのデータに対する証拠保全や被害内容、原因などの調査、分析を提供するもの。企業の内部調査部門や弁護士などの利用を想定している。

パソコン、SSD、外付けハードディスク、USBメモリ、SDメモリカード、MicroSDメモリカード、ドライブレコーダー、監視カメラ、スマートフォンなど、メーカーを問わずあらゆる機器に対応。ただし、暗号やセキュリティ対策を講じている媒体については解除パスワードが必要となる。

データ復旧のノウハウなどを活かし、サービス化したもので、改ざんや消失防止などデータ保全を重視しているという。料金や調査期間は個別見積もりとなり、収集する情報などヒアリングした上で提示する。

(Security NEXT - 2022/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力