Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESET、Facebookユーザー向けセキュリティサービスを無償提供

ESETは、SNSサービス「Facebook」において不審な動作をチェックしてマルウェアを検出する無償サービス「ESET Online Scanner for Facebook」を提供している。

Facebookでは、セキュリティベンダーとマルウェア対策プロジェクトを推進しており、同プロジェクトに参加しているESETが、オンラインスキャナーの提供を開始したもの。Facebookユーザーであれば、無償で利用できる。

同サービスでは、ユーザーがFacebookのアカウントにログインすると、スパムや不正リンクの送信などの不審な動作を自動的にチェック。検出時にはスキャンの実行を促すメッセージを表示する。

スキャナーソフトは、インターネットよりダウンロードし、Facebookにログインしたまま実行することが可能。スキャンの結果はFacebook経由で通知され、マルウェアが検出された場合は駆除を行うことができる。

(Security NEXT - 2015/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
訪日外国人向けアンケートの回答内容が閲覧可能に - 中部国際空港
Instagramに偽アカウント - キングジムが注意喚起
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
メッセンジャーアプリ「WhatsApp」にRCE脆弱性 - iOS版に影響
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増