Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インパクト大だが注目度は低い「CVE-2014-6324」 - 悪用コード流通で危険高まる

攻撃には条件が必要で、すぐに成立するものではない。成功させるためには、ドメインへ参加するパソコンのログオン情報が必要となる。とはいえ、管理者のログオン情報まで必要とはしておらず、ドメインへ参加する一般権限の端末さえあれば、ドメインの管理者権限を奪取することが可能だ。

セキュリティ対策が甘い端末や、ソーシャルエンジニアリングといった攻撃によって、一般ユーザーの端末におけるログオン情報が、なんらかの形でひとたび入手されてしまえば、ドメインが掌握され、大きなダメージを受けることになる。

脆弱性について分析したソフトバンク・テクノロジーのシニアセキュリティエバンジェリストである辻伸弘氏は、「一般権限の端末1台さえ乗っ取れば攻撃できてしまう。標的型攻撃を行う攻撃者にとって、利用価値が高い脆弱性」と危険性を指摘。

攻撃を受けた際のインパクトが大きいわりに、同脆弱性への注目度も低いとして、早急に修正プログラムを適用するよう警鐘を鳴らしている。

(Security NEXT - 2014/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中