Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インパクト大だが注目度は低い「CVE-2014-6324」 - 悪用コード流通で危険高まる

日本マイクロソフトが、11月に定例外更新「MS14-068」で修正した「CVE-2014-6324」の悪用コードが出回っている。ドメイン全体が乗っ取られる深刻な脆弱性であるとして、セキュリティ専門家が注意を呼びかけている。

「MS14-068」は、「Microsoft Windows Kerberos KDC」に含まれる「CVE-2014-6324」を修正する更新プログラム。当初、11月の月例パッチで修正される予定だったが直前に不具合が見つかり、19日に定例外の更新プログラムとして公開された。

「MS14-068」がリリースされた時点で、「Windows Server 2008 R2」に対するゼロデイ攻撃が確認されている。しかし、当時はあくまでも「CVE-2014-6324」は非公開で報告された脆弱性であり、攻撃も「限定的」とされていた。

しかし、公開から1カ月弱が経過し、その危険度が上昇している。その後、攻撃コードが公開され、容易に脆弱性を悪用できる状態へと段階が移行。同脆弱性が特に問題なのは、脆弱性を攻撃された場合の影響が大きいことだ。

(Security NEXT - 2014/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「baserCMS」の管理画面に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も