Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月に都内で「フィッシング対策セミナー2014」が開催

フィッシング対策協議会は、「フィッシング対策セミナー2014」を12月16日に都内で開催する。

同セミナーは、フィッシングの被害を防止するために企画されたイベント。警察関係者やクレジットカード会社、金融ISC、APWGから講師を招き、フィッシングの最新動向や手口、対策などを紹介する。また同協議会に参加する会員企業のブース展示なども行う予定。

会場はコクヨホールで、参加費は無料。申し込みはメールで受け付けている。締切は12月9日で定員は300名。先着順で受け付け、定員になり次第締め切りとなる。申し込み方法やイベントの詳細は、同協議会のページから。

(Security NEXT - 2014/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
先週注目された記事(2024年4月21日〜2024年4月27日)
2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
「違法情報」の通報が約28.2%増 - 「犯罪実行者募集」は4000件超
フィッシング報告が前月比約35%減 - 悪用URLは約23%増
1年で不正サイトへのアクセス7億件をブロック - 前年から4割増
2023年の不正アクセス認知件数、前年比2.9倍に急増
J-CSIP、2023年4Qは脅威情報15件を共有 - 巧妙なフィッシングの報告も
1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加