Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

auスマホにプライバシー情報へのアクセス制御機能 - デフォルトはオフ

KDDIは、アプリによる利用者情報へのアクセスを制御する「プライバシーデータ設定」機能を、10月以降に発売するAndroid搭載スマートフォンに搭載する。

同機能は、アプリによる電話帳や位置情報といった利用者情報の取得を制限するもの。「Google Play」をはじめ、「au Market」以外で入手したアプリを監視し、データアクセス時に許可や拒否を選択できる。

また設定画面から、アプリや利用者情報、種別ごとにアクセスの可否を設定することが可能。ただし、デフォルトではオフとなっており、利用するには設定画面から利用設定を行う必要がある。

(Security NEXT - 2014/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
政府、「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」を策定
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
リモート授業で関係ない個人情報を共有 - 諏訪東京理科大
プライバシーガバナンスガイドブックでパブコメ - 経産省
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
「NISTプライバシーフレームワーク」の翻訳を無料で提供
データ利活用時のリスクを低減するコンサルサービス - CCI
6月にオンラインイベント「CSA Japan Summit 2020」が開催
学生の個人情報を学生向けサイトで誤配信 - ルーテル学院大