Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ被害額の推移、日米で明暗わかれる

20140929_mm_002.jpg
日米企業投資額推移(グラフ:MM総研)

セキュリティ対策への投資額を日米で比較すると、2014年度の日本企業のセキュリティ投資額は23億6400万円で、米国企業の32億9400万円より3割少なく、日本は米国の2年前の水準にあるという。

米国では外部からの攻撃防御に成功しつつあり、対策の重点は内部からの漏洩を防ぐ「出口対策」に移っていると分析。一方日本企業では、米国ほど外部からの攻撃を軽減できていない現状もあり、「入口対策(30.3%)」「システム監視・ログ分析(29.3%)」を重視する傾向が見られた。

(Security NEXT - 2014/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
2020年4Qのクレカ不正利用被害は72.5億円 - 前期比22.7%増
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも