Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング攻撃、年初より増加傾向 - 6月は5万件超

2014年に入り、フィッシング攻撃が増加傾向で推移している。EMCジャパンRSA事業本部によれば、6月のフィッシング攻撃は5万5813件に達し、2014年の最高件数を更新した。

20140818_em_001.jpg
フィッシング攻撃数の推移(グラフ:EMCジャパン)

EMCジャパンRSA事業本部が、2014年6月に同社が検知したフィッシング攻撃の状況について取りまとめたもの。

1月には2万9034件と3万件を割り込んだが、年初より上昇傾向が続いており、2014年に入って最高となる5万5813件を検知した。前年同月の3万5831件を大きく上回っている。毎年、夏期休暇はさらに上昇する傾向にあり、今後の推移が注目される。

フィッシング攻撃を受けた回数の割合を国別に見ると、米国が57%で半数以上を占める。「オランダ(7%)」「イギリス(6%)」「マレーシア(5%)」が続いた。

フィッシング攻撃を受けたブランドは、239件。増加傾向にあるフィッシング攻撃の件数とは反比例して減少傾向にある。5回以上攻撃を受けたブランドは120件で、これらブランドに対する攻撃が集中している。

攻撃対象となったブランドの割合を国別にみると最多国は28%の米国。イギリスが11%、さらにインドが8%で続いた。

フィッシングサイトがホストされていた国を見ると、43%を米国が占めており、攻撃同様、突出している。2位以下はひと桁台で、「ドイツ(7%)」「オランダ(5%)」が続く。

一方、日本国内においてホストされたフィッシングサイトは43件。前月の33件から10件の増加となった。

(Security NEXT - 2014/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
先週注目された記事(2024年4月21日〜2024年4月27日)
2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
「違法情報」の通報が約28.2%増 - 「犯罪実行者募集」は4000件超
フィッシング報告が前月比約35%減 - 悪用URLは約23%増
1年で不正サイトへのアクセス7億件をブロック - 前年から4割増
2023年の不正アクセス認知件数、前年比2.9倍に急増
J-CSIP、2023年4Qは脅威情報15件を共有 - 巧妙なフィッシングの報告も
1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加