Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、DC向けに監視運用サービスを提供開始

ラックは、データセンター事業者向けソリューション「SecureNetサービス」の提供を開始する。

同サービスは、同社セキュリティオペレーションセンター「JSOC」の監視サービスをデータセンター事業者向けに提供するもの。

導入したデータセンターでは、エンドユーザーが利用するインターネットのアクセスポイントへ不正侵入防衛装置(IPS)を設置することで、「JSOC」によるフルタイム監視サービスを共有型のセキュリティ対策として展開できる。

また組織とデータセンター間を閉域接続することで、組織内からインターネットに発信される通信も監視できる。オプションとして、ウェブフィルタリングサービス、メールフィルタリングサービスなどを提供することも可能。

(Security NEXT - 2014/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
運用監視サービスに不正アクセス、顧客情報流出は確認されず - 日立システムズ
SMBC日興証券で一時障害 - データセンターで電源ダウン
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
インフラ構成管理ツール「SaltStack」に深刻な脆弱性 - 悪用コード公開、早急に対処を
「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
CiscoのDC向けインフラ管理製品に深刻な脆弱性
「Windows 7」「WS 2008」向けに移行支援策 - 月額モデルやデータアップロード支援など
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック