Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、DC向けに監視運用サービスを提供開始

ラックは、データセンター事業者向けソリューション「SecureNetサービス」の提供を開始する。

同サービスは、同社セキュリティオペレーションセンター「JSOC」の監視サービスをデータセンター事業者向けに提供するもの。

導入したデータセンターでは、エンドユーザーが利用するインターネットのアクセスポイントへ不正侵入防衛装置(IPS)を設置することで、「JSOC」によるフルタイム監視サービスを共有型のセキュリティ対策として展開できる。

また組織とデータセンター間を閉域接続することで、組織内からインターネットに発信される通信も監視できる。オプションとして、ウェブフィルタリングサービス、メールフィルタリングサービスなどを提供することも可能。

(Security NEXT - 2014/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - クロスプラス
サーバに不正アクセス、基幹システムなどへも影響波及 - 木材資源リサイクル会社
サイバー攻撃で基幹システムなどに被害 - クロスプラス
FRONTEO米子会社、複数サーバがランサム被害 - メールシステム脆弱性を悪用か
今年も人気、Interop Tokyoの「ShowNet」 - 外部接続は1Tbps超
勤怠システムがランサム被害、総当たり攻撃で侵入か - ヴィアックス
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
フォーティネット、新シリーズ「FortiGate 3000F」を発表
メタップスP、クレカ情報など最大約46万件が流出か - 不正ログインやSQLi攻撃で