Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IDCフロンティア、ネットワークやセキュリティ機能をクラウド提供するサービス

IDCフロンティアは、ネットワークやセキュリティ機能をクラウド化して提供する「IDCフロンティアネットワークサービス」を提供開始した。

同サービスは、ネットワークやセキュリティ機能をクラウドサービスとして提供するもので、手はじめにDDoS対策や不正侵入防御、ロードバランサー、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)、ファイアウォールを組み合わせたサービスメニューを展開する。

ネットワークやセキュリティ機能を仮想化して提供するため、各機器の導入は不要。各機能を必要に応じて月額単位で利用することができる。当初の提供地域は、新宿、有明など首都圏データセンターおよび白河データセンターがカバーする東日本。西日本地域は、今後提供する予定。

(Security NEXT - 2014/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト