Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信された非公開情報ファイルをさらに誤送信 - 経産省

経済産業省四国経済産業局は、個人情報や非公開情報含むファイルを、管轄内の関係ない事業者へ誤って送信したことを公表した。

同局によれば、誤送信したのは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の保有する316事業者の個人情報や非公開情報を含むファイル。7月17日に誤って管轄内の13事業者19人に対して送信した。

前日の16日、「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」の公募開始時期が近いとして、NEDOより過去の採択者に関する情報が同局へ送信されたが、NEDO側のミスにより、誤って316事業者の個人情報や非公開情報を含むファイルを添付していたという。

メールを受け取った同局ではファイルの内容を十分に確認していなかったため、個人情報や非公開情報などが含まれていることに気付かず、添付ファイルをそのまま送信してしまったという。

同局では、誤送信した情報については送信先ですべて削除されたことを確認。また誤送信先から外部への二次流出もなかったという。

(Security NEXT - 2014/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで個人情報が流出、スパム送信も - アイザワ証券子会社
教員や学生宛てのメールで個人情報含むファイルを誤添付 - 山口大
被災労働者の個人情報含むファイルをメール誤送信 - 労働基準監督署
送信した表計算ファイルの非表示部分に無関係の個人情報 - 朝日新聞
個人情報含むファイルを誤ってメールに添付 - 北海道銀
問合フォームより送信された資料が外部閲覧可能に - 充電池リサイクル団体
生徒成績情報を第三者へ誤送信、ルール違反と誤入力で - 仙台市
無関係メアドに誤転送、複数設定のひとつで気が付かず - 愛媛大
メールを誤転送、5年近く第三者に - 大阪教育大
政府の事業再構築補助金事業、応募者情報約1万件を誤送信