Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信された非公開情報ファイルをさらに誤送信 - 経産省

経済産業省四国経済産業局は、個人情報や非公開情報含むファイルを、管轄内の関係ない事業者へ誤って送信したことを公表した。

同局によれば、誤送信したのは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の保有する316事業者の個人情報や非公開情報を含むファイル。7月17日に誤って管轄内の13事業者19人に対して送信した。

前日の16日、「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」の公募開始時期が近いとして、NEDOより過去の採択者に関する情報が同局へ送信されたが、NEDO側のミスにより、誤って316事業者の個人情報や非公開情報を含むファイルを添付していたという。

メールを受け取った同局ではファイルの内容を十分に確認していなかったため、個人情報や非公開情報などが含まれていることに気付かず、添付ファイルをそのまま送信してしまったという。

同局では、誤送信した情報については送信先ですべて削除されたことを確認。また誤送信先から外部への二次流出もなかったという。

(Security NEXT - 2014/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルアドリストを誤ってメール添付 - ウォーターサークルくまもと
市報配信時に宛先リストを誤添付 - 会津若松市
メールアドレス流出、自動PPAP機能に不具合 - 原子力規制委
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
新型コロナの入院患者情報をメールで誤送信、宛先入力ミスで
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト