Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正SSL証明書の失効プログラム、WS 2003向けに提供開始

米Microsoftは、インドの公的機関から不適切にSSL証明書が発行された問題で、「Windows Server 2003」向けの更新プログラムを提供開始した。

問題の証明書は、インドの国立情報工学センターより発行されたもの。同センターは、インド政府の認証管理局が運営するルート証明機関の下位証明機関にあたり、証明書が信頼されたルート証明機関ストアに含まれているという。

問題の証明書を悪用して証明書を発行されると、なりすまし、フィッシング、中間者(マンインザミドル)攻撃などへ悪用されるおそれがある。

こうした状況に対応するため、米Microsoftでは、7月11日に問題の証明書を失効させるプログラムを公開したが、「Windows Server 2003」については後日提供するとしていた。更新プログラム管理ソフトウェアやMicrosoft Updateサービス、手動により適用できる。

(Security NEXT - 2014/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
VPN機器8.7万台分の認証情報が公開 - Fortinetが注意喚起
あの人気セキュリティ書籍も半額 - Amazonで9月2日までセール中
「OpenSSL 1.1.1l」が公開 - 2件の脆弱性を修正
「dアカウントがまもなく停止」 - NTTドコモ装うフィッシングに注意
「SonicWall」の旧製品に差し迫るランサムウェアの危機
原子力規制委への不正アクセス、VPNの既知脆弱性が起点に
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測