Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政不服審査や法律相談関連の文書を箱ごと紛失 - さいたま市

さいたま市は、個人情報含む文書56件が所在不明になっていることを明らかにした。不要文書とともに誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

同市では3年以上の保存を必要とする文書は、総務課で一括して保管しており、必要に応じて他部署に貸し出しているが、長期間貸し出していた文書の返却を求めたところ、6月9日に2箱の文書箱を紛失していることが判明したという。

所在不明となっているのは、2011年度に作成した行政不服審査や法律相談報告などの関係書類54件のほか、2009年度に作成した決済文書2件で、いずれも個人情報が含まれる。

各課が文書の閲覧や確認を行う場合は、総務課が保管庫から出庫し、文書を収めている箱単位で貸し出していたが、貸し出している間に、ほかの不要文書と一緒に誤って廃棄した可能性が高いと同市では説明している。

(Security NEXT - 2014/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
公文書414件が所在不明、保管期間満了前に誤廃棄か - 群馬県
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
個人情報含む法人文書ファイルが所在不明 - 島根大
「ふるさと町民証」送付時に無関係の個人情報を同封 - 真鶴町
ふるさと納税者に第三者の個人情報含む文書を誤送付 - 太良町
複数の開示文書データに個人情報、墨塗りするも識別可能に - 豊田市
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
電子カルテを目的外閲覧、外部漏洩した職員を処分 - 徳島県