Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部ルート証明書が期限切れ、注意呼びかけ - GMOグローバルサイン

GMOグローバルサインは、同社が提供するルート証明書の一部が、1月28日に期限を迎えたとして、利用者に注意を呼びかけている。

Windowsに関しては、「同XP SP2」以降であれば、ルート証明書が自動更新されるため影響ないと説明。一方でアップデートができない環境では、警告が表示される場合は手動で更新プログラムをインストールする必要があるとしてユーザーに注意を促している。

また携帯電話については、今回の期限切れによって一部機種が非対応機種となり、警告が出て利用できなくなる。同社では対応機種の一覧を同社サイト上で案内している。

(Security NEXT - 2014/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
コミュニケーションツール「Cisco Jabber」に深刻な脆弱性
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
「OpenSSL」に重要度「高」の複数脆弱性 - アップデートが公開
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも