Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2013年はウイルスと不正プログラムの検出数が減少 - IPAまとめ

情報処理推進機構(IPA)は、2013年に同機構が受け付けたウイルスの届出状況を取りまとめた。

レポートによれば、2013年のウイルス検出数は19万5550件で、2012年の24万9940件より約22%減少した。年間検出数の1位は14万7197件検出された「W32/Mydoom」で、前年から約12%上昇。2位は「W32/Netsky」だった。

いずれも古くから存在する既知のウイルスで、メールの添付ファイルで拡散する。セキュリティ対策ソフトを適切に使用し不審な添付ファイルは開かないなど、基本的な対策が重要としている。

同一の届出者のもとで、同種のウイルスが同日中に複数検出された場合に1件とカウントする「届出件数」は6596件。前年の1万351件を3755件下回る結果となった。2005年をピークに、減少傾向が続いている。

届け出があったものの、ウイルスの定義にあてはまらなかった「不正プログラム」の年間検出数は23万3341件。前年の42万3226件から18万9885件減となった。

最も多く検出されたのはネットバンキングのアカウント情報を詐取する「Bancos」で、検出数は3万867件。月別推移を見ると、3月に1万2000件近い検出を記録したが翌月は1000件台に下降するなど、月によって差があることがわかる。

ネットバンキングを狙った不正送金の被害が近年深刻化しており、利用者に感染させるため、メールを使って同プログラムを大量に配布していると考えられる。ウイルス対策と同様に、基本的なセキュリティ対策の実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委