Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックとKDDIが提携強化 - KDDIは筆頭株主に

ラックは、事業拡大に向けてKDDIと資本および業務面で提携すると発表した。KDDIはあらたにラックの株式25.8%を取得し、筆頭株主となる。

これまで両社は、2007年11月よりセキュリティソリューション分野での業務提携しているが、さらに提携を強化するもので、相互に事業の発展を目指すほか、KDDIでは法人向けサービスを強化する。

資本面では、KDDIがラック創業者の関連会社より25.8%にあたる株式688万9800株を間接的に追加取得。これにより従来からの所有分とあわせて全株式の31.1%にあたる830万4000株を保有することとなり、譲渡完了後は筆頭株主となる。またラックでは、人的交流の一環としてKDDIより人材の受け入れを検討している。

業務面では、ラックのセキュリティサービスをKDDIのクラウドやネットワーク、モバイルなどのサービスへ組み込み、セキュリティ対策の運用を含めてワンストップでサービスを展開していく。

また業務提携のために必要な営業面や技術、情報、リソースを相互に提供。KDDIは、SOC事業の強化や拡充、新サービスの提供など、セキュリティに対するサポート、コンサルティングサービスの拡充なども推進する。

(Security NEXT - 2013/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ブロックチェーンの脆弱性診断サービスを提供 - ProVision
「フィッシング対策協議会」を装うフィッシング攻撃に注意
CrowdStrikeとMandiantが戦略的パートナーシップ
(ISC)²とNTT-ATが提携強化 - SSCPのトレーニングを日本語化
ラックとNRI、クラウド向けMSSを提供する新会社を設立
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
脆弱性対策ベンダーが「Log4Shell」を「最悪の脆弱性」と評価した理由
DX担当者の3割が過去にインシデントを経験 - トレンド調査
BlackBerryとDeloitte、自動車や重要インフラのOSS管理や脆弱性対策で提携