Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【書籍】企業内研修にも活用できる「フェイスブック 情報セキュリティと使用ルール」

あさ出版は、企業に影響を及ぼすFacebookのリスクについて、ケーススタディ形式で解説した「フェイスブック 情報セキュリティと使用ルール」を発売した。四六判変型で価格は840円。ISBNは「978-4-86063-620-3」。電子版も用意している。

130823_as_001.jpg

同書は、企業が直面するFacebook関連のトラブルを扱った解説書。早くからFacebookのリスクに注目している日本IBMのシニアセキュリティアナリストの守屋英一氏が執筆した。

従業員がFacebookを利用したり、企業が公式ページを運用する上で想定されるセキュリティ上の問題やトラブルについて幅広く取り上げており、効果的な対処法を知ることができる。

具体的には、なりすましアカウントによる情報詐取や、公開範囲の設定不備による情報漏洩、アカウント管理のミスによる不正アクセス、不適切な投稿による炎上、信用毀損など、トラブルごとに事例とその対処法でまとめた。社内研修のテキストとしても活用できる。

(Security NEXT - 2013/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
メッセンジャーアプリ「WhatsApp」にRCE脆弱性 - iOS版に影響
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
Facebook投稿写真に顧客の氏名 - 高速バス会社
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ