Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BSA、組織の違法コピー告発で報奨金 - 期間限定で最高100万円

BSA | The Software Allianceは、組織で行われている違法コピーに関して有力な情報を提供した通報者に、最高100万円の報奨金を提供すると発表した。

6月1日から7月31日までの期間限定で報奨金プログラムを展開するもの。情報提供により権利者に対し和解金が支払われた場合、その金額に応じて最大100万円を提供する。情報提供は、同組織のウェブサイトにあるフォームで受け付ける。適用条件の詳細については、6月1日に公開する予定。

同団体によれば、情報提供フォームには1年間に約400件の情報が寄せられているという。また国内における組織内の違法コピーは、海外と比較すると比較的大規模なケースが多く、1億円を超える損害賠償金で和解したケースが複数あるという。

(Security NEXT - 2013/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
サイボウズ、PSIRT構築支援プログラムを開始
サイボウズ、2020年度の脆弱性報奨金制度をスタート
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ
「変なホテル」の客室ロボに脆弱性 - SNS投稿で明らかに
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
「LINE」にプロフ画像変更される脆弱性 - ゼロデイ攻撃被害も、利用者に確認呼びかけ
Palo AltoのVPN機能旧版にRCEの脆弱性 - バージョンの確認を