Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SSO認証とアクセス制御でクラウドを保護する「Symantec O3」

シマンテックは、クラウドを保護するゲートウェイ型サービス「Symantec O3」を提供開始した。

同ソリューションは、クラウドにおけるシングルサインオンやアクセス制御、コンプライアンス管理を提供するセキュリティサービス。米Symantecによる米Verisign買収後、セキュリティと認証技術を融合させた最初の製品となる。

同サービスは、クラウドに対するアクセスを制御するゲートウェイとして動作。認証機能と管理者コンソールより設定出来るアクセス制御によりアプリケーションを保護し、セキュリティポリシーの実施やコンプライアンス対策を実現する。

また「Symantec Validation & ID Protection」を内蔵することで、ワンタイムパスワードによる二要素認証を実現した。年間利用料は、1万人規模で導入する場合、1ユーザーあたり3000円から。

(Security NEXT - 2013/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大