Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPCERT/CC、制御システムのセキュリティ評価ツールを無償提供

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、制御システムのセキュリティ対策状況を自己評価できる「J-CLICS」の無償提供を開始した。

「J-CLICS」は、制御システムにおける効果的なセキュリティ対策を支援するツール。システムの構築や運用、保守に関わる関係者向けに用意した。

制御システムにおけるセキュリティ対策状況を確認するための「チェックリスト」と、チェックリストの設問について現場担当者が取り組むべき具体策などを解説した「設問項目ガイド」で構成されている。

JPCERT/CCのサイトに用意された申込フォームに必要事項を記入のうえ、メールで申し込む。

(Security NEXT - 2013/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
IoTシステムのセキュリティ実装でチェックシート - SIOTP協議会