Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロを装う迷惑メール出回る - メアドの死活チェックが目的か

「トレンドマイクロ」を装ったスパムメールが確認された。たびたび迷惑メールを送信している業者が、メールアドレスの死活状況を調べるために送ったものと見られている。

トレンドマイクロが確認したのは、スパムに狙われていることを警告するスパムメール。自らが迷惑行為であることを棚に上げ、「迷惑メールやウイルスメールの標的になっている可能性がある」などと不安を煽る。

メール本文に記載されたリンクをクリックすると、誘導先のウェブサイトにて「ウイルスは発見されませんでした」とのメッセージを表示する。トレンドマイクロによれば、URLには、リンクをクリックした受信者のメールアドレスを特定できるよう、パラメータが設定されており、メールアドレスの死活状態を確認している可能性があるという。

同社の調べでは、今回スパムメールを送信していたグループは、これまでも複数のドメインを使い分け、迷惑メールを送信。出会い系サイトへ誘導したり、メールアドレスを聞き出す行為を繰り返している。今回悪用されたドメインも、1月5日に取得されたばかりのものだという。

(Security NEXT - 2013/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
東大関係者を装った迷惑メールに注意 - 学外から実在しないメアドで
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
メールアカウントに不正アクセス、スパムの踏み台に - サエラ薬局
au装うフィッシング - 誘導に「Google翻訳」を悪用するケースも
複数自治体が導入進めるクラウドがスパム踏み台に - メンテ時の設定ミスで
複数メルアカに不正アクアセス、サーバ内に個人情報 - 名大付属病院
複数教員のメールアカウントに不正アクセス - 名古屋大