Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「遅刻」「雑談」多いとインシデント起こしやすい傾向 - JNSAまとめ

日本ネットワークセキュリティ協会は、セキュリティインシデントの発生状況についてアンケート調査を実施し、報告書として取りまとめた。

同報告書は、情報セキュリティインシデントに関するアンケートを就業者を対象に実施し、取りまとめたもの。有効回答数は2万2340。同協会では、これまでもメディア報道を元に調査を行っているが、実態と乖離している懸念があるとして調査を実施した。

1年間の発生率は、「メールの誤送信」が11.8%で最多。「SNSへの不適切な書き込み」が3.3%で2番目に多かった。「携帯電話の紛失盗難(2.6%)」「USBメモリの紛失盗難(2.4%)」「パソコンの紛失盗難(1.5%)」が続く。

また同調査では、個人の知識、行動、性格なども調査対象とし、インシデント経験の関係性を分析。「遅刻」や「約束の勘違い」、業務に関係ない「SNS書き込み」「雑談」といった行動を取る場合、インシデントを引き起こしやすい傾向が見られたという。

(Security NEXT - 2013/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に