Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebook利用者の3割、知られたくない相手に投稿を読まれた経験

Facebookユーザーの約3割に、投稿した情報を知られたくない相手に閲覧された経験があることがトレンドマイクロの調査で判明した。

同調査は、同社がFacebookを利用する18歳から49歳の男女312人を対象に、11月9日から11日にかけて実施したもの。

Facebookに登録している情報は、「氏名(89.7%)」「性別(90.4%)」「出身地(69.6%)」「居住地(66.7%)」などは比較的高く、一方で「プロフィール写真(34.9%)」「勤務先(29.5%)」などは少ない傾向にあった。

利用者の83.7%が「プライバシーが気になる」と回答。投稿した情報が知られたくない相手に見られていた経験については、「よくある(7.1%)」と「たまにある(26%)」をあわせると33.1%にのぼる。さらに63.1%が、「友達承認したくない相手から申請が来たことがある」と答えている。

「特定のアプリをダウンロードしてから、スパムメールが送られてくるようになった」「不適切なサイトやクリック先に誘導された」といった問題も約2割のユーザーが経験していた。

Facebook上でのトラブルや人間関係のストレスを避けるための対策としてもっとも多かったのが「個人情報は最小限しか登録しない(53.5%)」で、「不特定多数に見られてもよいレベルしか投稿しない(49.4%)」が続く。

Facebookのプライバシー設定を活用していると答えた利用者は34.6%にとどまり、設定方法については85.6%が「わかりにくい」、78.5%が「設定変更が面倒」と回答している。

(Security NEXT - 2012/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
Facebook投稿写真に顧客の氏名 - 高速バス会社
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
偽情報対策でフォーラム設置 - 産学官民連携目指す
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
ビデオ会議で人気集める「Zoom」に複数問題 - 修正に追われる
香川県のサイトが一時閲覧不能に - DDoS攻撃か
「Firefox 74」が公開、脆弱性12件を解消