Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、不完全な証明書で更新プログラムを署名 - 順次再リリースを実施

日本マイクロソフトは、一部更新プログラムが、問題ある証明書によって署名されていたことを明らかにした。今後不具合が生じる可能性があるとして、対応する更新プログラムをリリースしている。

同社によれば、適切なタイムスタンプ属性が設定されていない証明書で署名を行っていたことが判明したもの。内部的なミスが原因で、外部からの攻撃に起因する不具合ではないという。

同問題により、証明書の有効期限が切れると、署名されたプログラムとWindowsの互換性を確保できず、インストールやアンインストールが行えなくなるおそれがある。

同社は、今回の不具合へ対応するため、問題が生じた証明書で署名されたプログラムの互換性を確保する更新プログラムを、10月の月例セキュリティ更新プログラムとともにMicrosoft Updateで提供を開始した。

くわえて問題がある証明書で署名が行われたプログラムについて、修正を行った上で再度提供するとしており、「MS12-053」をはじめ、8月に公開された4件のセキュリティ更新プログラムと、8月より提供していた1024ビット未満の証明書を無効化する更新プログラムについて、再リリースした。

今後も影響を受ける製品に対し、利用可能となった時点で順次更新プログラムを提供していく予定だという。

(Security NEXT - 2012/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
物件資料データ送信時に顧客情報を誤送信 - 近鉄不動産