Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、不完全な証明書で更新プログラムを署名 - 順次再リリースを実施

日本マイクロソフトは、一部更新プログラムが、問題ある証明書によって署名されていたことを明らかにした。今後不具合が生じる可能性があるとして、対応する更新プログラムをリリースしている。

同社によれば、適切なタイムスタンプ属性が設定されていない証明書で署名を行っていたことが判明したもの。内部的なミスが原因で、外部からの攻撃に起因する不具合ではないという。

同問題により、証明書の有効期限が切れると、署名されたプログラムとWindowsの互換性を確保できず、インストールやアンインストールが行えなくなるおそれがある。

同社は、今回の不具合へ対応するため、問題が生じた証明書で署名されたプログラムの互換性を確保する更新プログラムを、10月の月例セキュリティ更新プログラムとともにMicrosoft Updateで提供を開始した。

くわえて問題がある証明書で署名が行われたプログラムについて、修正を行った上で再度提供するとしており、「MS12-053」をはじめ、8月に公開された4件のセキュリティ更新プログラムと、8月より提供していた1024ビット未満の証明書を無効化する更新プログラムについて、再リリースした。

今後も影響を受ける製品に対し、利用可能となった時点で順次更新プログラムを提供していく予定だという。

(Security NEXT - 2012/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
コミュニケーションツール「Cisco Jabber」に深刻な脆弱性
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
「OpenSSL」に重要度「高」の複数脆弱性 - アップデートが公開
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも