Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ノーベル賞を受賞した山中伸弥氏の偽Twitterアカウントに注意

人工多能性幹細胞(iPS細胞)の研究成果を認められ、ノーベル医学生理学賞を受賞した山中伸弥京都大教授を装う偽Twitterアカウントが出回っている。

問題の偽アカウントは、「@YamanakaShinya」。最初の発言が8月9日で今回の受賞に便乗して作成されたアカウントではないが、山中教授の写真やプロフィールを利用し、「ツイッターをはじめました」「すごい発見をした」「ノーベル賞キター」など、本人になりすました発言を繰り返している。

フォロワー数が1万7000件を越える人気アカウントだが、同氏が所長を務める京都大学iPS細胞研究所(CiRA)では、山中教授がTwitterによる情報発信を行っていないと説明。これら発言が山中教授によるものではないとして。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
不正アクセス受け「なりすましメール」 - あいちトリエンナーレ
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ
MS、月例セキュリティ更新をリリース - 脆弱性58件に対処
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
偽ディズニーメールに注意 - 「パークチケット必ずもらえる」と誘導
メールやSNSでの「偽求人活動」に注意喚起 - 西武HD
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強