Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生活保護に関する持出禁止文書が中古車から - 小樽市

小樽市の生活保護に関する個人情報が記載された文書が、札幌市内の中古車販売業者が扱った車両から発見された。

今回発見されたのは、同市における2002年の生活保護に関する情報が記載された文書。6月19日、札幌市内の中古車販売業者が扱った中古車から、紙袋に入った状態で発見されたという。文書には、のべ1674人の氏名、住所、生年月日などが含まれる。

本来外部への持ち出しが禁止されている文書で、福祉部保護課の職員が2003年4月から2004年4月の間に自家用車で運び出し、その後書類を車内に残したまま、2011年11月、中古車業者に車両を下取りに出していた。

すでに同市では書類を回収しており、発見されるまで人目に触れることはなかったと説明している。同市では、関係職員の処分を検討する。

(Security NEXT - 2012/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

福祉センターで生活保護受給者の個人情報を誤送付 - 栃木県
生活保護受給者の個人情報含む書類を誤送付 - 大阪市
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
調査対象者や抗議文発信者の情報が漏洩、墨塗り不十分で - 大阪府
高齢者福祉サービスの利用者情報が流出、委託先に不正アクセス - 港区
行政文書開示請求者に個人情報を誤開示 - 生駒市
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市
生活保護受給者の個人情報が流出、市長宛に届く - 八潮市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市