Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生活保護受給で不適切な事務処理、職員を処分 - 札幌市

札幌市は、生活保護受給世帯の個人情報含む文書について、勝手に廃棄するなど不適切な事務処理を行った職員に対し、懲戒処分を行った。

同市によれば、問題の職員は2022年5月から2023年4月にかけて、当時担当していた生活保護受給世帯のうち27世帯において必要な事務処理を怠り、約240万円の生活保護費の過大支給などを発生させた。

また、生活保護受給世帯70世帯分の個人情報が記載された書類を廃棄、35世帯の調査書類について上長の決裁印を用意し、上長が確認済みであるかのように装うなどの不適切な事務処理を行っていた。影響は、重複を除いた84世帯に及ぶとしている。

これらの問題を受け同市では、8月29日付けで同職員を停職6カ月とする懲戒処分を実施した。同職員はこれまで自宅へ文書の持ち帰りや廃棄を行っており、2019年に厳重注意を受けている。

あわせて管理監督責任として上司を訓告処分とした。

(Security NEXT - 2023/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PDFを処理する「Ghostscript」にRCE脆弱性 - アップデートで修正
「Firefox」や「Thunderbird」にアップデート - 深刻な脆弱性を修正
サイト改ざんで不正なページが表示 - 手芸用品メーカー
企業承認者のメアド流出、システム不具合で - 案件紹介サービス
再委託先でメール誤送信、イベント参加者のメアド流出 - 香川県
不正アクセスを受け、不正なメール送信 - SOMPO HD傘下の開発会社
県立高でのメール誤送信、Outlookの「取消機能」で再発 - 三重県
「JBoss RichFaces」に対する脆弱性攻撃に注意喚起 - 米当局
ランサム被害、中小企業が6割弱 - 暗号化しない脅迫も
ネットバンク不正送金が前四半期の2倍超 - 過去最悪に