Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約4割の企業がウイルス被害を経験 - POSや製造ライン、ATMでも被害発生

4割近い企業が、セキュリティ関連の被害に遭遇していることがわかった。全体の割合としては小さいが、基幹システムでも被害が発生している。

120629ij_01.jpg
セキュリティ被害を受けた資産(グラフ:IDC Japan)

IDC Japanが、2012年2月に国内企業659社を対象に実施した実態調査により判明したもの。調査結果によれば、4割近くの企業が、セキュリティ関連の被害を経験している。最多だったのは、ウイルス感染で3割以上の企業が遭遇していた。

被害を受けた資産を見ると、クライアントPCで75.3%と突出している。以降「ファイルサーバ(27.5%)」「データベースサーバ(14.5%)」「ウェブアプリケーションサーバ(12.5%)」「業務アプリケーションサーバ(7.1%)」が続く。

一方で割合が小さいものの、「POSサーバ(3.1%)や「POS端末(1.6%)」のほか、「製造ライン(2%)」「「ATMなど専用端末(0.4%)」など、基幹システムについても被害が発生していた。

(Security NEXT - 2012/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分