Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、学生のロシアCTF参戦を支援 - 「Tachikoma」のスポンサーに

ラックは、ロシアのモスクワで5月末に開催されるCTF(Capture The Flag)競技へ参加する日本チームのスポンサーになったと発表した。

5月30日から31日にかけて開催される「Positive Hack Days CTF」の参戦チーム「Tachikoma」を支援するもの。同チームは、世界各国から参加する強豪チームとセキュリティ技術を競う予定。

同チームは、東大、東京電機大、東京工科大、会津大の学生で構成されたチーム。同社によれば、学生メンバーのみの海外CTF参加は日本初の試みで、若年層の技術向上のため、財政面からサポートするという。

(Security NEXT - 2012/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
セキュ産業創出する人材育成目指した「SecHack365」 - 受講生募集が開始
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大