Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebook、セキュリティベンダーと協業 - URLの評価システムを導入

Facebookは、Microsoftおよびセキュリティベンダー4社との協業し、不正サイトへ誘導するスパム対策を強化した。

Facebookの投稿のうち、4%が不正サイトへ誘導するスパム投稿であることから、同社は、Microsoft、McAfee、TrendMicro、Sophos、Symantecとの協業を通じて、セキュリティ対策を強化したもの。

具体的には、利用者が投稿内のURLをクリックした際に、自動で各ベンダーのURLデータベースに照会し、安全性を評価。不正サイトだった場合は警告を表示して注意を促す。

さらに利用者向けに「アンチウイルスマーケットプレイス」を開設。同ページを通じて利用者に無償のセキュリティ対策ソフトや、6カ月分のライセンスを提供するほか、セキュリティに関する情報提供などを推進していく。

(Security NEXT - 2012/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
メッセンジャーアプリ「WhatsApp」にRCE脆弱性 - iOS版に影響
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
Facebook投稿写真に顧客の氏名 - 高速バス会社
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
偽情報対策でフォーラム設置 - 産学官民連携目指す
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
ビデオ会議で人気集める「Zoom」に複数問題 - 修正に追われる