Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Facebook、セキュリティベンダーと協業 - URLの評価システムを導入

Facebookは、Microsoftおよびセキュリティベンダー4社との協業し、不正サイトへ誘導するスパム対策を強化した。

Facebookの投稿のうち、4%が不正サイトへ誘導するスパム投稿であることから、同社は、Microsoft、McAfee、TrendMicro、Sophos、Symantecとの協業を通じて、セキュリティ対策を強化したもの。

具体的には、利用者が投稿内のURLをクリックした際に、自動で各ベンダーのURLデータベースに照会し、安全性を評価。不正サイトだった場合は警告を表示して注意を促す。

さらに利用者向けに「アンチウイルスマーケットプレイス」を開設。同ページを通じて利用者に無償のセキュリティ対策ソフトや、6カ月分のライセンスを提供するほか、セキュリティに関する情報提供などを推進していく。

(Security NEXT - 2012/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
約5.3億件のFacebookユーザー情報が流通、日本は約42万件 - 人口上回る国も
訪日外国人向けアンケートの回答内容が閲覧可能に - 中部国際空港
Instagramに偽アカウント - キングジムが注意喚起
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Chrome機能拡張の開発者をFacebookが告訴 - 個人情報収集で
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」